日別アーカイブ: 01/30/2013

ドロレス・キャノンのクォンタム・ヒーリング・ヒプノシス・セラピー(QHHT)

クォンタム・ヒーリング・ヒプノシス・セラピー(QHHT)は、ドロレス・キャノン女史によって、開発された退行催眠のセラピーで、潜在意識の奥深く刻まれた信心によって人生の問題や病気になるということを前提にして行われます。この信心は、幼いころのものか、過去生でのものかもしれません。

このセッションは、本当に一体何が起こるか検討がつきません。何しろ私たちプラクティショナーは、誘導はしてなくて、すべてサブコンシャス(潜在意識)に、任せますから。いつもサブコンシャスは、適切な場所と時にクライアントを連れて行ってくれます。私が感じるには、クライアントがこのセッションを受けようと決めたときからもうすでに何だかが動き出しているという感じがします。あるクライアントは、”初めて会ったばかりなのにこんなにしゃべってしまったわ!” とインタビュ-を始めてから4時間後に言いました。(笑)そうですよ、思いっきり出しちゃえばいいんですよ。

私たちのプラクティショナーの役割は、クライアントが行った過去がどこでどんな問題が起こっているかを聞き出し、今生の問題のルーツを探り当てるだけです。此処までなら、普通のヒプノセラピーと同じようですよね。

でもドロレスのヒプノセッションの違いは、過去生で死を経験してしてもらうことです。そして、死と生の間の世界をも経験してもらうのです。他のヒプノセラピーでは、ここにはタッチしません。でもこの次元に行くことにより、その過去生での目的や習わなければならなかったレッスンが浮き彫りになるのです。これを経験する事によって気ずきがありますよね。ソウルは、消えてなくなることがない!あなたの魂は永遠と言うことです。もちろんこのブログに来る人たちには、新しいことでも何でもありませんが。

そしてクォンタム・ヒーリング・ヒプノシス・セラピー(QHHT)のもっとも素晴らしいところは、サブコンシャスと繋がること。この全知全能のサブコンシャスと繋がると、クライアントの口調が変わります。クライアントが第三者になってしまいます。そうなると、来た!って感じです。どんなものが出てくるかは、開けてみてのお楽しみ。毎回のセッションが楽しみな私の気持ち判りますか?誰もみんな素晴らしいんです。ただきずいていないだけなんです。思い出してください。REMEMBER WHO YOU ARE、、、

 

ドロレスキャノン ヒプノセラピー セッションをご希望の方はSESSIONページへどうぞ!

タグ , ,
YUKARI DULAN

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

CherryChild

Original Creation

Talk To The Entities

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

theawarenessrevolution

A blog to empower, inspire and invite to a revolution of awareness!

Dr. Dain Heer

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Access Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dolores Cannon's Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅