ドロレス・キャノン ニュー・チルドレンを語る。

ドロレス・キャノン ニュー・チルドレンを語る。

今、産まれてきている子供たちは、新しい子供たちです。ニュージェネレーション(新世代)の子供たちです。この子達は、スペシャルな子供たちです。先生も親たちも、この子供たちを理解することができません。たくさんの子供たちが言ってくれました。”学校は嫌い。何をしてるのか分からない。”

私は、教育者を教育する会議をしました。彼ら(先生たち)は、困惑しています。世界は、子供たちが理解できないのです。けれども、この子供たちは特別な子供たちです。この世界への贈り物です。この子供たちは、たくさんのことを教えてくれます。教師は、ハイパー・アクティブだとか、薬ずけにするとか言います。とんでもないことです。

子供たち自身が言っています。学校はつまらない理由は、もう全部判ってるからです。彼らは学ぶのが早すぎるんです。(クラス)に行って、(問いに)答える、するとどうしてこうなるのか聞かれる、(答えが)判ってるから。もう判っているのに、何度も何度も同じことを繰り返している。一度で判るのに。先生は、もっと違った方向からのアプローチが必要です。全然(今までの子と)違う、新種の子供たちなのです。この子達は、スローではありません。退屈している、これが問題がおこる原因です。

なにかチャレンジするものを与えなさい。クラスが大き過ぎます。もう先に進んで退屈しているのに、クラスメイトは、追いつこうとしているからです。この子達に、チャレンジするものを与えなさい。何かをバラバラにして、また修復をさせるのです。自分たち自身で解決させるのです。何か違うことをさせるのです。宿題ではなくて。マインド(脳裏)をいつも使わせるんです。まもなく子供たちは、気ずくでしょう。この子達は、世界へのギフトなんです。いろんなことが、世界にはあります。多くの10代の子供たちが、組織を設立しているのです。この子達は、世界の子供たちを助ける為のたくさんの組織を設立しているのです。すばらしいアイディアを持っているのです、私たち大人が追いつかなければならないんです。

あなた達は、自分たちが全然違うのだと気ずくべきです。誰からも、間違ったほうに違っていると言わせないことです。既存の型にはまっていないからと言うだけで。他の子供たちとの中に入れないと言わせないのです。そんな事聞かなくていいのです。古い型枠は、捨て去るべきです。あなた達は、新しい型を創りあげているのです。世界をガイドする、世界を援ける型を創っているのです。誰が何を言おうとも気にすることはありません。あなた達は、特別なのです。そして、すばらしい未来があります。あなた達は、違うのです。誰にもつぶされてはいけません。ゴールと夢を果たすのです。夢があれば、ゴールは果たせます。これが私から世界の子供たちへののメッセージです。

ドロレス・キャノン

 

広告
タグ ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

CherryChild

Original Creation

Talk To The Entities

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

theawarenessrevolution

A blog to empower, inspire and invite to a revolution of awareness!

warriors-of-the-rainbow-journey.com

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dr. Dain Heer

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Gary M. Douglas

What would it be like to live your life from infinite possibilities and choice?

Access Consciousness Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

自然療法

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dolores Cannon's Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。