ドロレスのQHHTコース 日程決定!

ドロレスキャノン、QHHTプラクティショナー・コース 日程が決定しました。
11月30日(土) イブニングレクチャー

12月1日(日)~5日(木)クォンタムヒーリング・ヒプノセラピー レベル1クラス
<セミナー内容(仮)>

初日  基礎講習
2日目 基礎講習
3日目 質疑応答&実演(DVD鑑賞)及び実習開始(宿泊先ホテル)
4日目 実習(3人1組で相互練習)(宿泊先ホテル)
5日目 報告&質疑応答

 

※4日目は宿泊先ホテルにてヒプノのセッションを行いますので、参加者の方たちは前日の夜から最低2日間のホテル宿泊が必要となります。ホテルは会場付近をご案内する予定です。

会場は、まだ未定とのことです。

タグ ,

ドロレスのQHHTコース 日程決定!」への16件のフィードバック

  1. iwaos より:

    いよいよですね。
    ワクワクします。
    etoileさんのブログを見ました。
    http://ameblo.jp/sorahahiroina007/entry-11511961764.html
    QHHTに一層、期待しています。
    楽しみです。

    • HIROKO より:

      私も、わくわくしています。

      メルボルンでした、スター・シードでFBとシータ・ヒーリングの仲間がセッション後から凄い騒ぎ出して、なんとインドからもセッション依頼が来る羽目に、、、

      心を開くことの大切さを教えられます。

      感謝!

      Love and Light,
      Hiroko

      • iwaos より:

        最近、肩こり、(肩とか首まわりのこり)がひどくて、夜中に目が覚めたり、朝はこりの影響で頭がぼんやり。
        QHHTで答えが見つかると助かります。

      • HIROKO より:

        QHHTは、あなたの中(外もだけど)の潜在能力であなた自分を癒すセラピーです。あなたには、その力があるんですよ。何もかもをセッションでなければ治せないと思うことはありません。特に、セッションを受けたことがある人なら、潜在意識とのコミュ二ケーションの道ができているのですから。

        この3Dの地球にいるからには、自分で自分の体をいたわることも大切です。もちろんエクササイズも必要です。

        肩や首に問題があるなら、重荷をしょっていて首も廻らないという感じですね。その重荷がどこから発生しているものか感じてください。人の苦労まで背負い込む必要はありません。これは、自分の責任、それは、その人のものと見極めて、その人に返してあげましょう。

  2. iwao より:

    さっそく、QHHTの録音、それもSCからのメッセージ(30分ほど)に焦点をあてて聞き直しました。
    肩凝り(肩と首の持続的な固まる痛み)は、いっそう進行しています。
    昼間は、仕事の合間に軽く体操したり、ぼんやり外の公園を眺めたら、一時的に楽になりました。

    人生で他人の何を余分に背負っているのか、振り返っても特段に思い当たることはありませんでした。
    何かを強烈に否認してるのかな。
    くたびれるから早めに就寝するものの、真夜中に、凝り(重い持続的な固まる痛み)で目が覚めます。
    八方塞がりです。

    • HIROKO より:

      サブコンシャスとの道、脳の中のシナプスが出来ているということです、だから答えを求めてください。何を伝えたいのか、どうすればよいのか尋ねてください。夜寝る前に尋ねて、答えを受け取る安堵感でねましょう。

      この回路は、使えば使うほど簡単になってきます。あなたは、全てを知っているのですよ。

      • iwao より:

        おはようございます。
        いつも助けてくれてありがとうございます。
        SCとの意識的な触れ合いを深めたり、SCの意志を知ることと、それを実践するのは訓練すればいいだけなんですね。
        希望を得ました。
        頑張ります。

  3. 鼓みか より:

    はじめまして。去年ドロレスさんの著書を読み、いつらいにちされるのかなぁ?と待っていました。
    イブニングセミナー&セミナーの申し込み方法を教えてください。よろしくおねがいします。

    • HIROKO より:

      こんにちは、みかさん!

      まだ、詳細はきまっておりません。決定しだいポストいたします。いましばらくお待ちくださいませ。

  4. […] ゆみんさんの熱意ある働きにより、ドロレスキャノン女史の2013年11月末来日が決定しました。 […]

    • OTAKA RIKIO より:

      はじめまして、大高と申します。
      カナダのバンクーバーに住んでいます。

      今回の日本でのコースは、通訳さんがつくのですか?アメリカでのコースを受講することも可能なのかも知れませんが、英語だけだと全部を理解出来るかどうか不安でした。

      11月のドロレスキャノンさんの、QHHTプラクティショナー・コースへは、どのようにしてお申し込みしたらよろしいのでしょうか?詳細はもうお決まりになりましたか?

      11月30日(土)から12月5日(木)の6日間の費用はどの位になりますか?
      自分がたまたま、このサイトに来たのは、偶然なのかどうかは分かりません。

      これまで、奇跡的な現象に出あったことはほとんどないし、自分がそのような立場の者だとも思えません。
      自分は、これまで、何度かセッションをして頂いたのですが、潜在意識が表れません。膠原病を直してもらいたいのですが、潜在意識さんは、今はまだその時期ではないと判断しているようです。

      自分が病気になり、病がある方の苦しみが分かりましたので、自分がヒーラーになってその様な苦しみの中にある方達のお役に立てるようになりたいと言う気持もあります。
      もちろん、自分が一番救われたいのは偽りのない思いなのですが、潜在意識さんに認められると言うか、私の魂が救われる価値が得られる為にも、他の方の為に何かをすることは大切なような気がします。
      ただ、これらのことは、全て私の勝手な思いなので、潜在意識さんにとっては何の意味も無いことなのかも知れません。その答えは、今は分かりませんが、これも私のこれからの生きる道で無いなら実現することではないと理解しております。

      人にはそれなりの役目があると思いますが、今、自分は暗闇の中を歩いているようで、光のある方向がまるで分かりません。全ての自信を失っておりますが、今のまま死ぬのは少し辛すぎます。

      お返事、よろしくお願い致します。

      追伸:日本では、セラピストの方達の交友はあるのでしょうか?もし、私にも許されるなら、日本でセッションをしたいと思っております。

      • HIROKO より:

        こんにちは、RIKIOさん!

        日本のコースでは、もちろん日本語通訳が付きます。昨日、ゆみんさんとメールのやり取りをしました。9月に入ると、会場になるホテルが決まるとのことです。そうすると、コース費用とか具体的なことがはっきりしてきます。もう、暫くお待ちくださいませ。

        この世には、偶然などありません、偶然と見える必然だけです。

        潜在意識は、いつでも貴方とともにいます。この世を占めています。でなければ、全知全能であるわけがありませんから。私のセッションでも、数人サブコンシャスがはっきりと現れないようなケースがあります、でも彼らがそこにいるのは紛れもない事実です。このセッションをする事で大事な事は、インタヴュー時に包み隠さず全て出し切って良くなるという意志をみせ、後はサブコンシャスに委ねる、そして受け入れる、それでもサブコンシャスが現れている感じがしないならイメージで創りあげればよいのです。それでも、癒しは起こります、それが適切ならば。覚えていてください、あなたは決して独りではありません。貴方の中の光に気づいてください。貴方は、もともと光なのですから。今、患っているのなら、チャンスです。何を、学ぶべきか考えてください。これが、あなたの課題ですから。

        昨日も、FBのQHHTグループの中でのポストで、ものすごいヒーリング・セッションのケースが在りました。そのプラクティショナーは、一人のクライアントに計5回のセッションをしました。2回は、何も起こりませんでしたが、3,4,5回目は驚くような治癒が起こり、医師達も感嘆のこえをあげました。こうなると、正にプラクティショナーの感ですね。実際の治癒は、3,4,5回で起こったけれども、1,2回目がなくてはこれは起こりえなかったといっていました。

        このブログ内に、日本のプラクティショナーの紹介がありますし、Doloresのサイトで調べる事も出来ますので、ご覧ください。9月の始めに、初めてのQHHTの集まりを奈良ですることになっています。

        Rikioさん、ご自分とご自分の体をしっかり愛してくださいね。

        では、心安らかな日をお送りください。

        Love,Light and Prayers,
        Hiroko

      • HIROKO より:

        膠原病ってconnective tissue disorderなんですね。私がとったQHHTのコースは、sclerodermaという同じ自己免疫疾患のかたがデモンストレーションでドロレスのセッションを受けました。奇跡の治癒をまのあたりにしたのは、これが産まれて初めてでした。シータヒーリングでも、インスタント・ヒーリングを謳っていますが実際に見たことはありません。この方、FBで繋がっているのですが、つい数日前にEl Camino de Santiagoのプリグリメイジを果たしました。あれから、2年弱なんです。とても、素晴らしいことです。

  5. RIKIO より:

    HIROKO さま

    セッションが、すごく楽しみです。
    ご指摘の通り、膠原病は自己免疫の病です。
    自分の免疫が自分を傷つけるのです。
    何度も自分で自分の人生を終わりにしようと考えたことがあり、とても辛い日々を送っています。
    僕も今回の日本でのドロレスのセッションの時、是非、デモンストレーションに立候補したいです。
    もう、ドロレスのセッションだけが今の望みです。
    そして、この苦しみから解放されたら、同じように苦しんでいる方を少しでもお救い出来るような人間になりたいと思っております。
    ありがとうございます。

    RIKIO

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

YUKARI DULAN

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

CherryChild

Original Creation

Talk To The Entities

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

theawarenessrevolution

A blog to empower, inspire and invite to a revolution of awareness!

Dr. Dain Heer

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Access Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dolores Cannon's Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。