カテゴリー別アーカイブ: イエス、キリスト

ドロレスキャノン イエス;リインカーネーションと復活

イエスの時代に生きていた人物 ースディという名の偉大な教師ー と会話するのは、素晴らしい経験でした。 スディはクムランに住んでいたエッセネのコミュニティがどのように暮らしていたかとても込み入った祥細を、そしてイエスがそこでどのように勉強したか教えてくれました。

スディはまた、イエスの磔刑に関する難しい詳細を説明してくれました。多くの人々がそのような話に興味がありますが、私はそれだけに固執することは彼の言わんとすることからかけ離れてしまうと思います。

キリスト教の教義のひとつは、個人的な責任の概念が重要だということがわかりました。スディとして過去生を再び生きたケイティと私の何回もの回帰セッションの間に、救い主としてのイエスの役割についてスディに尋ねました。

私が得た答えは、想像以上のものでした: “どうして彼が誰か他の人の罪のために死ぬことができるのだ?あなたは、全て自身で償わなければならぬ。今生でなければ、おそらくその次の生、それか次の次の生。何はともあれ、最終的には、あなたは他の人が、あなたのために耐えてきたものを耐えなければならないのだ。 “ とスディは教授しました。

これはキリスト教の核となる信心ですので、私は明確にするために再びスディに尋ねなければなりませんでした。彼は、答えました。”グレース(恩恵)の法則がある。 しかし、彼はあなたの罪のために償ったのではない、あなたたちがイエスを価値ある人物であり、神の使者として彼を受け入れたからだ。グレースの法則は、あなたたちへの神の愛であり、イエスはあなた達の罪のために死んだのではないのだ “。

スディは、続けました。”イエスはそれを行うことができることを示したのだ。したがって、彼は驚嘆されるべきではあるが、礼拝されるべきではないのだ。神格化されるべきではないのだ、なぜなら、我々はみんな神の一部なのだ。一部のもの達は他のもの達より分かっておる。私はイエスがこれらの人々の一人と言える。イエスの能力で、彼を神格化し、他の人と区別するのは、間違っている。”

私は、はりつけの目的はどの道をとるかの、鮮やかなコントラストを示すことであったと信じています。私は、イエスキリストの具現で、神が人類に選択肢を提供していたと信じています。利己主義の道にとどまるか、イエスの残した足跡を生きて、この世の混乱と暴力を超えて上昇するか。誰も、私たちのために選択することができません。最終的には、私達自身が決定しなければなりません。

このいう意味で、イエスは真に人類のために死にました。イエスが生きていなかったなら、完璧な人生の模範がなく、多くの人々が、まだ暗闇の中で手探りをしていることでしょう。私は復活の目的は、多くの人々にとって失われたものとなっていると信じています。神は、物質的な世界よりもはるかに多くのものがある事を私たちに見せるためです、スピリットや魂が永遠であることを。

イエスは、地球上で悟りを開いたので、再びここに転生する必要はありませんでした。今だ、何生も何生もレッスンを繰り返し、目標に向かって生きている私たちの多くとは異なり、イエスはマスターになりました。彼は、私達が従うべき美しい例を残してくれました。

イエスの復活は、私たちの魂は永遠 – 私たちは死ぬことができないということを私たちに教えるために行われたのです。

Dolores Cannon

ドロレスキャノン

タグ ,

ドロレスキャノン イエス:彼の教えと奇跡を語る

イエスの教えと奇跡

スディという名のエッセネのマスターとしての前世を再び生きた、私の若い被験者ケイティと働いた年度中に、多くの情報が私たちのセッションを通してき、イエスの教えと彼がおこした奇跡に膨大な量の光を注ぎました。

スディはかなり伝統と一致していないイエスの肉体的な説明を提供してくれました。イエスは、その時代の平均的な男性よりも若干背が高く、非常に細く、華奢でした。彼の髪は明るい赤みがかったブロンドで、短い髭をたくわえていました。彼は、貫くような灰色の目をしていました。スディは、イェシュアと呼び、さらにイエスを説明しました: “彼は、とても深くゆっくりと流れている川のようだった。表面下は、どんな風に流れているかわからないのだ。”

その当時知られていた世界旅行から戻った後、イエスは、青年時代のエッセネ教師から得た教えと、彼が訪れた異国の地(インド、フェニキア、エジプト、イギリス)で多くのマスターから得た知識を組み合わせました。

イエスが弟子たちに与えたメッセージは、すこぶる簡単なものでした:愛。 スディによると、”イエスは、あなたの隣人間の愛、兄弟間の愛、そして見知らぬ人への愛についての重要さを話している。誰かを愛すること、他の人と愛を共有することは、他の人と神を共有することである。神は愛である。神は内面にある空隙を埋めるものである。もう一人の人と愛を共有することは、あなたができる最高のものである、というのは、神を共有することだからである。あなたは見返りなど考えず、もう一人に惜しげなく自分を与えるのだ。これが、メッセージの一つである。人々は、主なる神は日常生活に存在していることを受け入れているのだ。そして、彼らはこのメッセージのとうり、お互いに神を共有し、親近になることを学んでいるのだ。”

私はケイティとの複数のセッションの間に、スリリングな情報がでてきました。それによるとキリスト教の様々な宗派によって教えられているイエスの多くの物語は、確証できるものと矛盾したものの両方がありました。 スディは、イエスは確かに多くの奇跡を行ったと明らかにしました。イエスは、いやされる必要がある人と深い瞑想に入り、瞑想状態にある間に、彼のエネルギーの一部をその人にトランスファーするのだと説明しました。

時には癒しを観察している人々は、このエネルギー(その人の体の患部にイエスの手から輝く光)の移動を目撃しました。ふたりのオーラは明るく光り、普通このようなものを観ることのない人でさえ観ることが可能なほどです。これらのビジョンは、しばしばイエスや神らに起因しているハローである可能性があります。

イエスが行う奇跡は真性で多くありました。彼の啓示と旅行中、彼は病気だった人々にエネルギーを転送し、さらには地球上で未達成のレッスンを完了させるために、死体に命を吹き込みかえす能力をも開発しました。イエスが、メシアであることは運命づけられていました、ですから奇跡のための彼の生来の能力は偉大だったのです。

スディは、すべての人が、瞑想をし、習い、私欲のない生を生きれば、そのような能力を開発する可能性を持っていると思うと私に伝えました。おそらく、それがイエスから究極のメッセージです:すべては、信心を持つことで可能になります。

Dolores Cannon

ドロレスキャノン

ドロレスキャノン イエスを語る 3

タグ ,

ドロレスキャノン イエス:エッセネ派と救世主を語る

ドロレスキャノン イエス:エッセネ派と救世主を語る

イエス・死海のスクロール

イエス・死海のスクロール

イースター(復活祭)、再生の時期に近づくにつれ、キリスト教徒達だけではなく、多くの古代文化にとっての新たな始まりと新しい年の時、多くの人生回帰を通して私に明らかにしたイエスの見識をシェアしたいと思います。

1980年代の初め、私はケイティと呼ぶ賢明な、若いサブジェクトと働きました。彼女は高校を卒業せず、独学の若い女性でしたが、彼女は実年令をはるかに超えて賢明でした。彼女は厳格な宗教的な家庭でクリスチャンとして育てられ、イエスキリストの教えを意識していたましたが、彼女は、キリストが生きて、死んで、霊に生まれ変わった古代世界の実際の知識を与えるような正式な教育を受けていませんでした。

ケイティと私がセッションを開始すると、彼女が深いレベルの催眠に到達するための自然な能力を持っていたことがすぐに明らかになりました。年代順に、時間を戻って何十もの過去生を追体験した後、私達はようやく、イエスが生きていた時代に到着しました。

次に起きたことは驚くべき、非常に予想外の出来事でした:ケイティは、死海を見下ろす西岸はったり頂上、クムランと呼ばれる謎の飛び地に住んでいたというスディ(Suddi )というエッセネ派の教師の人生を再生しました。ほぼ70年前、死海文書が発見されたところがこの近くにありました。エッセネ派の神聖な男性がイエス、メシアの予言をし、待ち、彼のために準備していた場所、それがクムランにありました。

ケイティと私のセッションを通して、私は多くの異なる時期にスディと会話をしました:メシアの誕生の前に、イエスの青年時代、彼が洗礼者ヨハネと共に古代エッセネの教えを受けたとき、彼の旅と知識の探索をしていたときです。

アリマセア(Arimathaea)の叔父ジョゼフ、時には彼の母マリアと、イエスは、既知の世界を旅しました。東と西の出会いの場であるユダヤに帰国する前に、インド、エジプト、古代ブリテンの賢者との協議を求め、彼の死と究極の復活の前に、無数の奇跡をおこし、聖職の人々を教えています。

スディによると、非常に若い頃から、イエスは穏やかな知恵と情感を放っていました。彼はエッセネのマスターからの教えを容易に吸収しました。驚いたことに、スディはすぐさまキリスト教の主要な教義の一つを払拭しました。

私は、スディにイエスの誕生について何か異常なことがあったか尋ねました、彼はこう答えました: “彼は洞窟で生まれ、星がその天上に集まっていただけである。これが、彼の出生の唯一の珍しい出来事であった。” 私は、具体的にスディにイエスの母親が処女であったか尋ねると、彼はこう答えました。”それは真実ではない。彼の母は、他の人と同じいち女性で、彼の父と同様で、彼もいち男性であった。” 私は、私達が何世紀にもわたって言われている話を繰り返しました。キリストの母は処女であったし、彼の父は神であったと。スディの答えは深遠でした​​、”我々は皆神の子である。イエスは、他のものよりも開いていた、そしてその時が、知識が甦らされるのための時だったのだ。”

イースターのお祝いに、私はイエス·キリストについての驚くべく啓示の続きを書きます。

Dolores Cannon

ドロレスキャノン

ドロレスキャノン イエスを語る 2

タグ
YUKARI DULAN

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

CherryChild

Original Creation

Talk To The Entities

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

theawarenessrevolution

A blog to empower, inspire and invite to a revolution of awareness!

Dr. Dain Heer

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Access Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dolores Cannon's Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅