カテゴリー別アーカイブ: QHHTセッション Q&A

QHHT ヒプノセラピーをスカイプで?

QHHTのヒプノセラピーセッションをスカイプで出来ないかとのお問い合わせをいただきました。

答えは、NOです、残念ながらスカイプではセッションはできません。

私達プラクティショナーは、ドロレスからきつく云われています、絶対にスカイプでこのヒプノセラピーをしてはならないと。

理由は、セッションでどのような過去生に連れて行かれるか予想がつかないからです。例えば、陽の照りつく砂漠に行く、それか北極のいてつく寒さ、矢で体を貫かれた等、本当に何がおこるか分かりません。そのつど、私達は、それに瞬時に対応しなければなりません。サブジェクトの心地よさを一番に考えなくてはならないのです。それは、ドロレスがいつも、言っていることです、何があろうとサブジェクトに精神的にも肉体的にも苦痛を与えないと。

まゆひとつの動きにしても、何かを語っているのです。これは、私自身のセッションを後から聞いて分かったのですが、プラクティショナーが何か尋ねる、するとまゆがピックって動くのです。その時点で、答えを得ているのに云いたくなくて抵抗していたんです。プラクティショナーは、すかさず言いました、答えを受け取ったでしょう、全て云って!顕在意識は、横にいて観ていなさい!

という訳で、このセッションは面前で1対1でしなければならないのです。

ただ、ひとつだけ面前にいなくても出来る方法はありますが、、、

代理(surrogate)セッションです。この代理セッションは、例えば病気の子供の為に母親が代わりにセッションを受けるというときに使われます。ドロレスは、18歳以下の子供達にはセッションをしません。私達プラクティショナーもしません。でも、親なら、病気のわが子に元気になってもらいたいと思うのは当然です。ですから、親とか身近の人を代理でセッションをするのです。アメリカのプラクティショナーのカップルは、全然面識のないイギリスのクライアントの代理セッションをして成功しています。もちろん、この場合は、ふたつ許可が必要です。本人が、このセッションを受けることと、その代理にOOさんをつかってよいかです。そして、インタヴューはスカイプで行われます。録音は、もちろんクライアントに送られます。

私の娘は、まさに理想的なサブジェクトで深いサムナンビュリスティック状態にすっと入ってくれるので、これはいい!と思いました。それこそ、誰でも、どこにいても代理セッションができるっと思ったのです、が、残念ながら彼女は、したくない、なのです。がっかり、、、

次の手、で、思いつたのが日本のプラクティショナーと繋がることです。そうすることで、もっとみんなに、身近でセッションをして頂けるからです。それこそが、ドロレスが心に思い描いている構想です。そのために、彼女は、世界中でQHHTヒプノセラピーを教えているのですから。

小雨のメルボルンより、

Love and Light,

Hiroko

広告
タグ , ,
広告
CherryChild

Original Creation

Talk To The Entities

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

theawarenessrevolution

A blog to empower, inspire and invite to a revolution of awareness!

warriors-of-the-rainbow-journey.com

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dr. Dain Heer

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Access Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

自然療法

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dolores Cannon's Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅