タグ別アーカイブ: ドロレスキャノン UFOを語る

ドロレス・キャノン UFOs パート3

ドロレス・キャノン  UFOs  パート3 パート1 パート2

UFO現象の研究者の多くは、単に目撃の研究をしたり、宇宙船が地球に来ているという物的証拠を集めようとています、着陸のマークや放射線などです。他の研究者は、拉致だけに限って研究しています。私は個々の(研究の)域を超えてもっと大局的にUFO(との遭遇による)の精神的な意味合いを包括的にみています、私たちは何であり、どこから来て、どこへ行くのかという話のことです。

UFOや拉致問題を調査する際に、多くの研究者は、地球外生命体が、当事者の許可あるなしに関わらず人間の遺伝子操作のたぐいを実行しているように見えると信じています。私の研究によるとエイリアンは、臨床または利己的な動機からしているのではなく、より高い権威者からの命令で実行しているとことが判かりました。

私がUFOによる訪問や人間の拉致を説明するのに使う例えは、混雑した病院で治療を受けている子どもに似通っているということです。その子は、病院の臨床現場の様子やテストをされて怯えているのです。大人なら、子供が検査され、治療されることが必要なことが理解できますが、子供たちにとっては忙しい医師やスタッフは冷静で思いやりのないように思えるかもしれません。私たちは子供に全ての状況を説明することはまず不可能でしょう。

UFOに関する研究してきた多数のケースで、私のサブジェクトはエイリアンは似たような態度を示していると説明しています、まるで彼らは、(自分たちを)子供か、いくらプロセスを説明いたところで判るはずもない知能が足りない人物を扱っているようだと。何人かの拉致被害者は我々の子供のように反応しています、エイリアンは自分たちをこんな風に扱う権利はない、自分たちの許可もなく何が起こっているか説明しようともしないと憤慨することで。

UFOや宇宙人による誘拐の研究者の一部は、これらの別世界の生命体は、人間から遺伝物質を取りだし、臨床実験でエイリアンー人間のハイブリッドを生産し、絶滅しかけている自分達のレースを救うために誘拐しているというドラマティックな理論を提唱しています。

UFOや拉致問題についての私の理論は著しく異なっています。私は、地球を訪ねてくる大多数のエイリアンは自分達の目的のためではなく、私達の為にくるのだと言われました。なかには、自分達の利益のために地球に従事する反逆者もいますが、それは少数派であり、地球と人類のための壮大な、より高いプランの外側で動いています。私が話をするエイリアンやエンティティは、より高い目的を持って人類を勉強し、DNAを進化させています。

UFOやエイリアンと人類の繋がりについては、今まで何度も書いたように、地球は太古の昔に生命の種を植え付けられました。高度でインテリジェントな生命体は、創造者または神のマスタープラン ー 創造者が無限の経験をするために、すべてのユニヴァースに可能な限りの世界に生命をひろげる ー を実行しました。

UFOや地球外生命体は、地球上の生命が考案さられて以来の割り当てられた仕事を続けているだけなのです。神の創造物をモニターし、世話をすることです。

ドロレス・キャノン

タグ
YUKARI DULAN

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

CherryChild

Original Creation

Talk To The Entities

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

theawarenessrevolution

A blog to empower, inspire and invite to a revolution of awareness!

Dr. Dain Heer

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Access Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dolores Cannon's Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅