タグ別アーカイブ: 死後の現実

ドロレス・キャノン 死後の世界 パート3

 ドロレス・キャノン 死後の世界 パート3 パート1  パート2

スピリット/魂は、アストラル・プレーン(界)にあるパラダイスで死後の世界を経験し、勉強をするときに、地球に帰って産まれてくる家族についても学びます。

この話をすると、ある女性は、この考え自体が不気味だと思いました。”赤ん坊は、妊娠中ずっと私を見ていたって言うの?”彼女は、目を見開いて驚きました。明らかに、これも死後の世界のプランの一部で、スピリットは、生まれくる状況を完全にコントロールしているのが分かります。

大部分のソウルは、赤ん坊が最初の一息を吸うまで体内には入りませんが、たまに、少し前または、すこし後に入る場合もあります。死後の世界の経験の真相とは、魂がどの家族に加わるか自身で決めるということです。普通、過去のカーマの結びつきや、ライフ・レッスンの可能性を考慮してのことです。

死後の世界では、ソウルがどれ位学ぶ事ができるか、その家族のメンバーとのカーマを解決するということをもとに、地球上で加わる両親を選びます。

退行催眠中に死後の世界を漂っていたクライアントの一人は、アストラル・プレーンでは最高に思える意図は、物質界である地球では、思うようには展開しないと言っていました。”スピリット界では、とても簡単そうなのに、肉体に入るといろんなことが複雑になって、自分のゴールを見失ってしまいます。”

死後の世界の現象を探求するために、私は、多くの退行催眠クライアントを死そして誕生の経験をする世界に連れて行きました。スピリットは、誕生を見届けてから赤ん坊の体に入るか、まだ母親の胎内にいる間に入って、出産を体験するかを選びます。

私がセッションをした人々によると、スピリットは成長過程の胎児の体内に入るのは好きではないそうです。スピリットは、暖かくて暗いけれども、とても窮屈で居心地が悪いと言っています。ほとんどが、赤ん坊が産まれてから肉体に入ります。

何年も退行催眠で死後の世界を探求して、色々な不思議なことを見ますが、たぶん誰かの出産のプロセスを見るほど奇妙なことはないでしょう。彼らは、強い圧力を頭や肩に感じ、呼吸ができないで喘ぐ経験をします。

ソウルが死後の世界で出産のことを思い出すとき、明るい所に出るまで何も見なかったと言います。おもしろいことに、死の経験とあまり変わらないようです。多くの魂が光を見たのを覚えています。

一旦、肉体に宿ると、寒くて混乱します。産声は、なにも伝えることのできない不満の泣きです。そして忘却が襲ってき、反応は鈍くなり、死後の世界や他界の存在の記憶がうすらいでいきます。

ドロレス・キャノン

コメントがありましたら、どうぞ!

 

タグ , ,

ドロレス・キャノン 死後の世界 パート2

ドロレス・キャノン 死後の世界 パート2  パート1

死後、人によっては混乱する人もいます、全員ではありませんが。死に方によります、自然死か、突然の予想がつかなかった死、穏やかか暴力的であったかです。すべての退行催眠セッションをとうして解った大事なことは、誰が亡くなってもひとりぼっちではないということです。みんな死後には助けてもらえます。

深いトランスの中で、クライアントは死後の世界のこと、特にあの世でのスピリットとしてはじめての経験の事を次のように言っています。”そこでは、オリエンテーションと言うか、再オリエンテーションがあります、人によってはどこに行けばよいかとか混乱するからです。けれども、心配には及びません、助けはすぐに送られますから。ふつう4-5人の前世でカーマの繋がりのあった身近のソウル(魂)がやってきます。彼らは、前世と次の生の合間でそこにいて、出迎えてくれるのです。”

そのクライアントは、言います、あなたは誰が出迎えに来てくれたか解ります。その人たちと前世でどんな経験をしたか思い出します、そして他の生でも一緒だったことも思い出します。あなたの’ソウル・メモリー’が呼び起こされるからです。

カーマのおかげで、ひとつの死後の世界どころか、多数の生と多数の死後があるのです。

死を経験し渡った後は、魂に必要なガイダンスは何でも用意されています。死後の世界は保障されています、魂は不滅ですから。人間にとって、死を受け入れるのは人生を受け入れるのと同じくらい簡単であるべきです、片方がなくてはもう片方が存在し得ないからです。スピリットは、単に体内にいるものではなく、永遠のエネルギーであり、ソースによって創造されたものです。

死後の世界が確実なものなら、魂が肉体を離れ、地球での次の生を生きる前は何をしているのでしょう?私のクライアントは言います。魂は偉大なマスター達からレッスンを受け、学んで成長するに必要なすべてのインフォメーションも手に入ります。これらの知識の学校は、アストラル・プレーンにあり、地球上の学校に似ていますが、遥かに進化し洗練されています。

あなた方は、信じられないような美しい建物、庭園や緑を見ることでしょう。全てが地球より純粋で活気にあふれたエネルギーと色を浴びています。パラダイスと呼べるでしょう。死後の世界を経験すると、パラダイスは地球のちょっと高いアストラル・プレーンにあり、そこで魂たちが肉体での経験について勉強して学びに行く所だといえます。

天国のコンセプトは、抽象的で実体のプレーンにいる人類がわかるように言葉で説明するのは難しいことです。全てがエネルギーである高次元のことに関してです。地球での生について学んでいる魂は、パラダイスに行って死後の世界の勉強をします。全ての生の学びを終え、地球に帰える必要がなくなった時、魂は、天国の創造者の純粋なエネルギーと統合するのです。これが、究極のゴールです。

ドロレス・キャノン

パート3へ、、、

タグ , ,

ドロレス・キャノン 死後の世界 パート1 

ドロレス・キャノン 死後の世界 パート1

私がヒプノセラピーと退行催眠のときに起こる死の体験についてレクチャーしたり、書いたりすると、ほとんどの人たちの一番の疑問は死とはどんなものか、そして死後の世界が本当にあるのかということです。二番目の問いの答えは、YESです。

最初の問いは、受けた本人に自分の言葉で死の経験を語ってもらうのが一番だとおもいます。初めに言わせてもらいますが、(人は)死によって叡智を得ます。肉体を離れることで、何かがおこります;真新しい次元の叡智、自分が生きていたときには知らなかったものが開けます。死後の世界は、解けなかった問題の答えを教えてくれます。

人間の本質、魂は肉体内に囚われて、隠れています。肉体が生まれる前からいたパーソナリティーやスピリットは、死後も続ていきます。いったん肉体から自由になるとスピリットは、地球の生活での想像以上のものがどんどん判ります。ですから、死後の世界を経験した人と話すことで、多くの疑問や困難な問題の答えを得ることができるのです。

 死後の世界でときあかされることは、その本人の霊的成長によります。ある人々は、他の人々より知識があります、というのもその人達はより多くの生をとうしての学びがあり、肉体のある私たちに判るような言い方で真実をかたる事ができるからです。

死の瞬間で最も多くいわれるのが、冷たくなる、そしてスピリットが今までいた肉体のそばに立っているというものです。最初、当事者はそこにいる人たちがどうして動揺しているのかわかりません、本人はとってもいい気分ですから。スピリットは、本当に死後の世界は恐ろしいものではなくて、すこぶる爽快なものであるというセンセーションを経験するのです。

次のコメントは、ある女性が退行催眠で死が直前の80代の時、死後の世界は本当であると気ずき始めるときのものです。これは典型的な例で、何度も何度も聞くことです。”動きがのろい、、、時間がかのかる(あ~あ)。楽しみももうない。もう、疲れた。”

明らかに、具合が悪い経験をしているので、彼女の死を経験するのを終えて先に進ませます。カウントを終えて先に進めると、その人の全身がびっくっと動き、突然、笑顔になります。声はいきいきとし、つい先ほどまでの疲れきった音色とは全然ちがいます。”自由だわ、私!私は光!”死後の世界の真実がわかり、彼女は、幸せに満ちあふれています。

スピリットが、肉体と顕在意識のコントロールから離れ、自由になったときに死後の世界が現実になります。

ドロレス・キャノン

パート2に、、、

タグ , ,
YUKARI DULAN

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

CherryChild

Original Creation

Talk To The Entities

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dr. Dain Heer

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Access Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dolores Cannon's Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅