タグ別アーカイブ: 波動を上げる

QHHT 肉体の波動数を上げるには、

身体の波動数を上げるには、Inspirational Stories より

身体の波動を高めるために多くの方法があります。肉体的にも感情的にもすることができます。私にとっては、まず静かにする時間をつくって、自分の思考に気ずくようにしました。いくつかの思考はエゴに基づいており、いくつかはそうではありません。私は自己開発のコースを始め、思考が私達の現実を創るというアイデアを紹介されたときに、このプロセスを始めました。私は、自分の思考のさまざまな側面を認識し始めました。

例えば、第一人称の思考は、”何か食べなくちゃ。” これは 私自身の心がいっているのです。”あなたは他人に恩着せがましく振舞っている…” という思考は、第三者の視点であらわされ、外から観て自分自身をどんな風に思うかというものです(私のエゴは、悪く見えるよりも良く見えることを好むので、)。その後、自分がエゴ思考になっているときを認識するようになりました。多分、私が怒り、動揺、または単に何かを批判していたときにです。私は抵抗すると、解消されないことをしっているので、これらの考えに抵抗をしません。ですから、まずこれらの思考が自我〔エゴ〕がベースであることを認めて、私は単にその考えが治まるまで放っておきます。自我の思考にはなっていないときは、私はより目覚めており意識しています。このようにして、自身の波動を揚げることができます。

ある日、ベジタリアンになろうとする考えが私の心に浮かびました。実際の思考は、”ローフード” でした。私はこれには、あまり注意を払いませんでした、まだQHHTプラクティショナーになる最初のコースもとっていなかったので。私の食事は、肉、野菜、米、パンを主に食べていました。コーヒーも大好きでした。すぐにローフードに飛び込む代わりに、アマゾンのキンドルアプリで多くさんの本を買い、ビーガンとローフードになる勉強をし始めました。私のバックグラウンドは看護なので、私はビーガンやローフードとはどんなものかに加えて、栄養や栄養不足の症状についてのすべてを学びたいと思いました。私の食生活を変える旅はとても緩やかなものでした。

私は最初、肉を取り除こうとしました。一週間、私は肉を一切食べませんでした。一週間後、私は父と一緒に昼食を食べに出かけました。父は、おいしそうな魚料理を食べていたので、私も食べたくなりました。で私は、大きな魚を食べました。その後2時間以内に、私の背中の筋肉がガチガチになり始め、私の目は、疲れてほとんど開くことができいほどでした。尿は、曇っていました(一部の人にとってはちょっと詳しすぎ?)。私は、先週までこのように生きていたなんて気付きもしませんでした。だからコーヒーをいつも飲んでいなければならなかったのでした!私はいつも疲れていました!誰も修正できなかった万延の腰痛がありました。やっと、なぜか分かりました!私の体は、肉を一切食べないほうがずっと快適なのでした。

肉食を止めて3週間後、私はクォンタム・ヒーリング・ヒプノシス・セラピーのプラクティショナーになるために学びに行きました。これが、私の初めてのハイヤーセルフの経験でした、限りなくソースに近く、もの凄いエネルギーが私の体を通過するのを感じ、呼吸するのも難しかったくらいです。そのエネルギーの通過ですべてを治癒し、私に肉を食べてはいけないことを示唆しました。そして私は何も食べる必要がなくなる日が来ると言われました。だから食べ物を消化してなかったのです。

これは、移行プロセスです。私たちは自分たちの思考、感情、身体の健康にもっと注意を払うようになるにつれ、体はハイヤーセルフと一致するように波動を上昇し始めます。ハイヤーセルフへのアクセスには多くのレベルがあります、同様にソース自体へ行き着くまでにある情報にアクセスすることも可能です。しかし、私達が普遍的な知恵(Universal Wisdom)にアクセスできるレベルは、私たちの目覚めのレベル(意識レベル)だけでなく、私たちの体の波動しているレベルにも基づいて行われます。

私たちの体の波動を高めるためのさまざまな方法について言うことが山ほどあります、身体、感情、精神、魂とに関連する分野で、今後のブログ投稿で書いていきます。 “なぜ私たちはハイヤーセルフといっしょになれないのか?” という質問への私がいえる答えは、あなたが望むものに注意してください!とくくっておきましょう。今のところ、最も良い方法は、あなたの体が扱うことができる精神的エネルギー(あなたのHS)の適切なレベルに達成することです。あなたの身体、心、感情のレベルの波動を揚げることに注意を集中することです。あなたの肉体の波動が変化し始めると ”適切なレベル” のハイヤーセルフの出現を自ら調整するのです。

Mayは、若い、とてもワイズなソウルです。このブログを訳しながら多々頷くことがありました。彼女のセッションとセッション全体のプロセスもとても綿密ですばらしいと思います。今後、ますます注目のソウルで彼女のポストどんどん紹介していきます。

タグ

波動をあげるって?

波動をあげるってよく聞きます、最近。

 

ニューアースに行く為には、波動をあげなければならない、そして軽くならなければ、、、etc

 

昔、七田真先生の本の中でこんな事が書いてありました。 七田チャイルドアカデミーの先生の子供がいじめにあってる、その先生は学校に文句を言いにいこうと考えていました。そこで七田先生は、イメージを使いなさいと指導をされました。その子供は、親が学校に来て文句をいうより、イメージをするほうを選びました。いじめっこがやさしくニコニコして仲良くしているイメージです。すると、暫くするとそのいじめっ子が、今までいじめたことごめんと云ってきたというのです。

 

もうひとつ、3人の女性が一つの家に共同で住んでいました。でもそのうちの一人は、だらしなく、ちゃんとしてくれないので、残りの二人は心の中で出て行け、出て行けと念じていたそうです。そこで七田先生は、言いました。その人が、とっても幸せで心地よい所にいるイメージをしなさい。この二人は、出ていけの代わりに、その人にとってすばらしいイメージをしました。すると、突然その女性が出て行くと言い出したのです。

 

その頃は、そうかイメージの力かと納得したのを覚えています。でも、今日ふと気付きました。このイメージをすることでこの人たちは、愛を送り出していたのです。愛であふれる、すると波動が上がり、その波動に合わない人はそこにいられなくなる、または、周りの人たちの波動をもあげてしまうということなんです。まさに、引き寄せの法です。例えば、インフルエンザが流行っていてもかからない人とか、強盗などするひとには、波動の高い人など全然目に入らないのだと、いや見えないんだと思います。

 

私の娘は,生来悪夢をみるという人で、今では凄いテクニックを編み出しており、誰かに襲われる夢など見ると無条件愛をその相手に送るそうです。すると、その相手は突然気が抜けたようになって何も出来ないそうです。ですから、夢でも現実でも(どちらがどちらかは定かではありませんが〕愛で溢れることが、波動をあげることです。是非、皆さん試してみてください。あなたの世界がすっかり変わりますよ。

 

Love and Light,

Hiroko

 

PS;このポストは、4月4日4時44分にしました。エンジェル・ナンバーにふさわしいポストだと思いましたので。

タグ
YUKARI DULAN

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

CherryChild

Original Creation

Talk To The Entities

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

theawarenessrevolution

A blog to empower, inspire and invite to a revolution of awareness!

Dr. Dain Heer

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Access Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅

Dolores Cannon's Blog

ドロレスキャノン QHHT ヒプノセラピストの旅